転職サイトの利用方法

転職サイトの効果的な利用方法

企業情報・レジュメのチェック・先輩の体験談、
職務経歴書の書き方・面接のアドバイス等々。
転職サイトは、有益な情報が満載です。

 

20代・30代を問わず利用者は非常に多く、
まさに「転職のための参考書」と言えます。

 

 

 

代表的な転職サイト
マイナビエージェント

 

 

リクナビNEXT
 

 

一般的にはあまり知られていませんが、
転職サイトには、もっと面白い利用方法があります。
それは匿名でレジュメを公開することです。
スカウト機能を利用した状態
 
 
「リクナビNEXT」を例に説明します。
当サイトには”WEB上で自分のレジュメを公開する機能”
がついています。

 

質の高い企業からオフォーをもらうために、
自己PR・志望動機・転職理由を登録します。
そして、勤務先・勤続年数・職種を記載します。

 

 

 

使ったことがない人は、身元が判明するのでは?
と少し不安に思うかもしれません。
ただし、露見することはほぼないです。
この公開レジュメを見れるのは、転職サイトの人間のみで、
求人を募集している企業ではありません。

 

 

 

オフォー=スカウトメールが来るという意味です。
そして、スカウトメールが来たとしても、
必ず面接に行く必要はありません。

 

 

あくまで、自分が興味のある企業だけ受ければよいと思います。
ただ、面接に自信がない方は、最初のうちは練習の意味も兼ねて、
オフォーをくれた企業に面接に行っても良いと思います。

 

 

 

この公開機能を上手く使うことで、
どういった企業が自分に興味を持つのか?を知ることが出来ます。
これまでの経歴(現職への入社、職種、職歴)は変えられませんが、
自分の解釈次第で見せ方を変えることは可能です。
ただし、有りもしないことを書くのは経歴詐称になるのでダメです。

 

 

 

 

そして、オファーをくれた企業から、
“どういった書き方をすれば、どういった業種から好まれる”
ということが分かります。

 

 

つまり、あなたの志望が、
メーカー・商社・サービス業・金融・IT、不動産・ハウスメーカー、
インターネット関連、卸売業、etcであった場合、
どういった書き方をすれば、オファー(好まれる)がもらえるのか?
レジュメを通して練習することが出来るのです。

 

 

 

 

私も過去に強烈なプライベートオファーを頂いたことがあります。
給与面では文句無しでしたが、隔週で土曜日出勤有り、
長期海外出張(中東などを中心に)が多くタフな仕事でした。
そのため、そのままスルーしました。

 

 

 

海外にチャレンジしたいと思っていましたが、あくまで月1くらいです。
長期出張はちょっとな。。。それに隔週とはいえ土曜出勤か・・・
と思って止めました。

 

 

 

 

この機能は会員登録さえすれば誰でも使えます。
ある程度慣れてくると、次はこういう表現でやってみよう!
というアイデアが湧いてきたりします。
これは知らない人が多いことなので、ぜひ試してみてくださいね^_^

 

 

 

 

>>>転職期間や時間はどのくらい必要のページに進む

 

>>>20代の転職方法のTOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
管理人のページ 自己分析の方法 職務経歴書の書き方 転職活動はこっそり行う 転職にかかる時間