退職交渉実体験

私の退職交渉実体験

私の退職交渉は、想像よりもだいぶ遅れてスタートしました。
その理由は、上司が会議と出張が重なり長期不在となり、
交渉を開始するまでに約1週間かかったためでした。

 

 

その時は「まだかな・・早くしてほしいな・・」
と感じていたので、あまり仕事に熱が入りませんでした。
少しでも早く交渉を始めないと失敗してしまう恐怖があったので、
上司の帰りを首を長くして待っていたのを覚えています。

 

 

 

普段は上司が不在の方が嬉しいのですが、
この時はまるっきり逆でした(笑)
交渉が上手くいかず長引くかも(-_-;)・・・
という不安も少しありました。

 

 

ただ、私にはエージェントが付いていて、事前に知識を得ていましたので、
教えてもらったポイントに沿って退職交渉を行いました

 

 

 

エージェントの良いところは、こういう未体験なことに対して、
アドバイスと方向性を示してくれる点です。
もしもエージェントを使っていなかったら・・・・
どうやって退職交渉していたのかまったく想像がつきません。
本当に助かりました。

 

退職マニュアル利用の注意点

ただし、利用には注意点があります。

 

就業規則・雇用契約書の確認

これは私が在籍していた会社の就業規則・雇用契約書を確認し
「退職予告期間と手続きが2週間〜1ヵ月前」
であると分かっていたからです。
前職は、1か月前予告でした。

 

 

 

そして、私が実践した上司への退職交渉は以下の2点です。
・週末の午後(翌日が休みの金曜日がGood)
・人気のない場所で話す

 

 

 

相手は少なからずお世話になった上司ですので、
週末考える時間を与えてあげましょう。
上司の立場になって考えてみれば分かることです。

 

 

 

週始めの月曜日の午前中に、こうした重い話題を告げられると、
その週はどんよりとした気持ちで過ごすことになります。

 

 

また、自分自身も週末なら会社の人間と会わないため、
気まずさを紛らわすことが可能です。

 

 
あの日は、朝いつもより少し早く出勤しました。

 

 

上司は7時半前には出社している人だったので、
他の人が出社する7時40分前に行って話をするようにしました。
その日の私は緊張していたので、顔の表情が強張っていた思います。

 

 

 

「○○部長、ちょっとお話がありますので、よろしいですか?」
と切り出して、会議室に一緒に向かいました。
周囲の人に聞かれたくなかったからです。
上司と会議室に入った瞬間は、とても緊張しましたが、
内定をもらっていたので、気持ちに余裕がありました。

 

 

 

 

私は回りくどい話が嫌いなので、単刀直入に言いました。
「〇〇部長、私辞めます!」
部長は1秒ほど遅れて「へっ?」という表情をしましたが、
すぐには状況が呑み込めていないようでした。

 

 

「朝からいきなり何を言ってるんだコイツは?」
そう思っていたかもしれません。
その後、私が辞める理由を説明して、
すでに次の会社から内定をもらっている旨を伝えました。

 

 

 

 

焦った上司から「給与アップや勤務地を相談する」
という引き留めが出てきました。
ただし、私はすでに見切りをつけていたので、即断りました。

 

引き止めに有っても退職を決意する

こうした引き留めは口約束であることがほとんどで、
実際に改善されることはまずありません
この引き留めで留まる人がいるかもしれませんが、
一度あなたは退職すると決意しています。

 

 

 

 

そして、転職活動をしたという事実は、
上司を通じて周囲の人間に必ず伝わっていきます。
そんなあなたを会社は、裏切り者と見なします。
そんな状況下で、仕事をしても、
以前以上に不幸になるのは目に見えています。 

 

 

 

そのため、この交渉で留まってはいけません!!
転職活動をし、内定を承諾した時点で、
あなたの意思は、退職すると決定しているのですから。

 

 

 

 

新卒で入社した会社だったためか?
ほどなく上司も「分かった」と言い、私の退職を受け入れました。
退職希望日も一緒に伝えて「○月31日」で合意が取れました。
そこには、引き継ぎと有給を消化するという意図が組み込まれていました。

 

 

その後一緒に上司と共にデスクに戻ってきました。
彼の顔は見ていなかったのですが、おそらく落胆していたと思います。

 

 

 

 

申し訳ないなという気持ちはありましたが、
私も自分の人生がかかっていますので、転職を取りやめることは出来ません。
必ず給与アップして、もっとよい環境で働きたい!
その思いが私を突き動かしていました。

 

 

 

重い話題を伝えられた!という安堵感と
転職できる!という嬉しさからその日はとても清々しい気持ちになりました。
そして、これまでにないくらいに素晴らしい週末を迎えました。

 

 

得意地域:関東、関西在住者
得意年代:20〜30代
特徴:利用者満足度96.4%
マイナビエージェントのHP

 

得意地域:関東在住者
得意年代:20代〜30代
特徴:71%が年収アップに成功
type.転職エージェントのHP

 

 

>>>退職交渉時に想定される問題と対処法のページに進む

 

>>>20代の転職方法のTOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
管理人のページ 自己分析の方法 職務経歴書の書き方 転職活動はこっそり行う 転職にかかる時間