内定猶予の期間

内定猶予はどのくらい?

マイナビエージェントの場合、
内定通知は、最初に電話で連絡が来ます。
「〇〇(私の名前)さん、おめでとうございます!
□□□マシナリー社(仮名の企業)に内定しました。」

 

 

正直、その後のことは何を話したのか覚えていません。
おそらく興奮しすぎて、記憶が飛んでしまったと思います。

 

 

 

 

そして、その内容に被せるようにメールで連絡が来ます。
件名は【祝・内定】〇〇社内定のご連絡という感じです。
タイトルを見た瞬間、また胸が高鳴ったのを覚えています。

 

 

そのメールにPDF形式の労働条件通知書が添付されてきました。
そのPDFを開いた時に、また興奮したのを覚えています。

 

エージェントから送られてきた労働通知書↓↓
 

 

エージェントとの電話をきった後、
家の外でガッツポーズをして叫びました^O^「ヤッター!!!!」
近所の方からすれば「あの人頭がおかしくなったのかな?」
と思われても不思議ではなかったと思います。
やはり内定となると、嬉しさが違います!!

 

 

 

 

前職は食品メーカーで商品企画をしていましたが、
今回受けたのは、すべて食品以外の業界でした。
中には未経験の職種もあったのですが、
私が最終的に入社したのは「機械系商社の海外営業職」でした。

 

 

 

決め手は「給与面と海外と関わる仕事が出来るから」でした。
未経験業種と言う事で不安もありましたが、
それ以上に希望に満ち溢れていたので思い切って転職を決めました!!

 

 

 

 

興奮を抑えることが出来ずに、すぐに近くのマン喫に行きました。
労働通知書をプリントアウトするためです。
せっかくマン喫に来たので、漫画を読むことにしました。
この場合、読むならやっぱり「課長島耕作でしょ♪」
とよく分からない理由で、黙々と読み進めました。

 

 

 

私が内定を勝ち取ったのは7社目で、
書類選考〜内定までおよそ2.5カ月かかりました
夏場の転職活動の辛さや最終面接での挫折など色々とあり、
途中で何度も根負けしそうになりました。
それだけに、この合格は本当に嬉しかったです。

 

 

 

 

実際に転職サイトに登録した新卒時から数えて、
4年半の月日が流れていました。
本格的な転職活動期間だけで言うと半年超の時間でした。
この半年は、長かったような、あっと言う間だったような・・・

 

 

 

そういう思いが一度に押し寄せました。
同時に嬉しさと満足感が込み上げてきました。
この時の達成感はすごかったです。

 

 

 

 

肝心の入社の意思決定ですが、
早ければその場でエージェントに連絡します。
長くて2週間以内に連絡する必要があります。
何か事情がある場合、その理由を伝えればある程度は待ってくれますが、
企業側にも採用の都合がありますので、早ければ早いほど良いです。

 

 

 

私の場合「おめでとうございます。内定しました!」と言われた時点で、
エージェントに転職する旨を伝えていました。
前職にまったく未練がなく、転職する気全開でした(笑)
ただし、前職での退職交渉は、上司が長期不在だったため、
1週間経ってからスタートしました。

 

 

 

 

私の場合は、内定をくれた企業が第一志望でした。
そのため、断る理由がなかったのですが、もしもまだ面接中の企業がある場合、
しっかりと考えてから判断した方がよいと思います。
納得出来ない状態で入社すると後悔が残ります。
しんどくても最後までやりきった方が良いと思います

 

 

 

 

>>>退職を上手に進めるコツのページに進む

 

>>>20代の転職方法のTOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
管理人のページ 自己分析の方法 職務経歴書の書き方 転職活動はこっそり行う 転職にかかる時間