面接で抑えておきたい3つのポイント

面接で押さえておきたい3つのポイント

これまで転職活動を成功させるために、
自己分析から始まり、自己PR・志望動機・退職理由を考えてきました。
20代の転職理由は、「金銭」や「やりがい」
に関係することですがほとんです。

 

 

また、直接伝えるのはNGで、
伝え方を変える必要があることも説明してきました。
そして、面接対策として自分の言葉で表現する必要があることも言いましたが、
今までの積み重ねが、そのまま面接に活かすことが出来ます。

 

 

 

なぜなら面接で聞かれることはズバリ
自己PR・志望動機・退職理由の3つだからです。
そのため、この3つさえ完璧に作り上げてしまえば、
何も恐れることはありません。

 

 

 

ただ、注意しなくてはいけないのが、
「自己PRをお願いします」
「志望動機を教えてください」
「退職理由を教えてください」
のような直接的な質問をする企業は少ないということです。
就職活動の時にも経験した方がいると思いますが、
変化球で尋ねてくる面接官を思い出せば想像しやすいと思います。

 

 

 

 

実際に私が面接で尋ねられた質問に、
・今までどういう仕事をしていましたか?
・この仕事のどの点に興味を持ちましたか?
・弊社を選んだ理由は何ですか?
などの問いかけでした。
これらはまだオーソドックスな質問なので答えやすい方です。

 

 

 

 

そのため、「面接官の今の質問は、何を知りたいんだろうか?」
という点に集中して、話を進めるようにしたほうが良いと思います。
例えば、「弊社を選んだ理由は何ですか?」という質問は志望動機を尋ねており、
その中でも「あなたがなぜこの企業に応募しようと思ったのか?」
という、きっかけを知りたがっています。

 

 

 

 

この質問に対する回答は、
・前職での経験が活かせる点
・応募先じゃないとダメな理由
・応募先の業界での位置づけ
などを絡めて答えるのが効果的です。

 

 

良く調べているなと思われると同時に、あなたの真剣みが伝わります。
ただ、3点とも回答に混ぜる必要はなく、あくまで論理的な回答で、
相手に納得してもらえるようにすることが大切です。

 

 

 

 

私がこれまでに一番印象に残った質問は、
部長職の方からの一言で「やれそうかな?」でした。
非常にシンプルな質問なのですが、
ハードな仕事内容だということがしっかり伝わってきました。

 

 

 

その会社はそれなりに希望度が高かったこともあり、
「はい、頑張ります!」と答えました。
この場合、実際自分の「能力的に出来る出来ない」は考えずに、
やりたいか?やりたくないか?で判断した方が良いと思います。
最終的なことは、合格した後に決めればよいんですから。

 

 

 

 

また余談ですが、私が今まで一番回答に窮した質問は、
「あなたの長所と短所を教えてください」でした。
考えてみれば、なんてことない質問です。

 

 

ただしこの頃は転職活動初期で、まだ質問のバリエーションが少なかったため、
2秒ほど考えて、苦し紛れに答えた記憶があります^_^;
この質問も面接ではよく出ますので、考えていた方が良いと思います。
私のように頭の中が一瞬真っ白になってしまいますので。

 

 

 

 

 

>>>面接から働きやすさを読み取る方法のページに進む

 

>>>20代の転職方法のTOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
管理人のページ 自己分析の方法 職務経歴書の書き方 転職活動はこっそり行う 転職にかかる時間