転職活動は在職中に行う

転職活動は必ず在職中にしよう

転職活動は必ず在職中にした方が良いです。
なぜなら、無職の状態は、
経済的、時間的、精神的な余裕がありません。
この状態で転職活動をすると、
少しでも早く決めたいと気持ちが焦ります。

 

 

 

企業側もそれが分かっているため、
良い条件を提示しない可能性があるからです。
今では常識として分かっていることですが、
こういうこともエージェントに教えてもらいました。

 

 

 

私の友人は訳あって、
前職を退職した後に転職活動を始めました。
ただ、こちらが早く転職したいと分かっているので、
かなり厳しい質問や対応を受けたと嘆いていました。

 

 

 

圧迫面接は本来あってはならないことですが、
その人の機転を図る機会と位置づけている企業もあります
在職中に転職するメリットは、
働く場所があるため不採用でも生活出来る点です。

 

 

帰る場所があるという心の余裕と好みの企業を選べる時間があります。
また、転職活動で大切な転職理由を
「○○という分野で活躍したいため」とすることもできます。

 

 

 

エージェントを利用すると、面接やレジュメの書き方だけではなく、
退職交渉時のアドバイスも貰えます。
転職経験者の体験談(面接での失敗など)や採用担当者の生の声など、
貴重なデータがありますので、登録して損はしません。

 

 

彼らは転職のプロです。
今感じている不安な点や疑問点を始め、
自分が感じている不明点をピンポイントに尋ねることが出来ます。

 

 

 

 

「転職活動は必ず在職中にすること」
そのことを忠告してくれたのが、私の同期です。
彼は、実経験を通じ、そのことを痛感していました。
「○○(私の名前)大変かもしれないけど、転職は在職中にした方が良い。
おれみたいにならないようにな。」

 

 

 

と言っていました。
身近にそういう実体験をしている友人がいたので、
その事を強く認識したのを覚えています。
時々電話で1時間以上会話していました。

 

 

 

私も安易に「辞めてから転職活動しようかな」
と考えた事もあります。
転職活動する時間が作り出せないというよりも、
今すぐにでも仕事を辞めたいという気持ちが強かったからです。
結局は、在職中に転職活動を始めました。

 

 

 

 

次の仕事が決まっていないのに辞める勇気がありませんでした。
結果的には臆病な性格が幸いし最高の形で転職出来ました。
私は無職の状態で転職活動したことがありません。

 

 

 

ただし、友人の話やエージェントからのアドバイスから考えると、
「条件が悪いため、あまりオススメではない」
ということが分かりました。
転職は、必ず在職中に行った方がよいです。

 

 

 

>>>面接に自信がない方へのアドバイスのページに進む

 

>>>20代の転職方法のTOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
管理人のページ 自己分析の方法 職務経歴書の書き方 転職活動はこっそり行う 転職にかかる時間