おすすめの転職活動時期や季節

転職活動におすすめの季節や時期

私が本格的に転職活動を始めたのは春頃です。
実際に面接に行きだしたのは夏(7月後半以降)でした。
この間の2〜3か月は、自己分析などに力を注いでいました。

 

 

 

当初「自分は本当に転職出来るのか?」
という懐疑的な気持ちがとても強かったです。
その不安を払拭しきるまでに、少し時間がかかりました。

 

 

私の経験から転職におすすめなのは、
冬から春にかけての涼しい時期です。
ボーナスをもらった後、1月頃から活動を始め
4月に採用されるのがベストだと思います。

 

 

 

この理由は2つあって、
・冬の賞与が貰える
・上着を着ていても不自然じゃない
(上着を着ていても暑くない)
からです。

 

 

 

私は、10月中旬頃に内定をもらいました。
転職先には、引き継ぎと有給消化期間も考慮して、
12月まで入社を待ってもらいました。
当然、前職のボーナスはなしです。
現職も実績がなかったため「なし」でした。

 

 

 

今までは、ボーナスがある前提で生活を立てていたので、
「なし」は、かなりダメージがありました
ローンなどは無かったのですが、
欲しいものが買えない冬を過ごしました。
入社後は給与アップ(ベースアップ)したので、
長い目で見れば生活はマシになりました。

 

 

 

ただし、ひと月〜ふた月程度では劇的に差があるわけでもないので、
去年の12月〜2月くらいまで大変でした^_^;
買い物は基本的にクレジットカードで済ませて、
少しでもキャッシュフローを上手くいくようにしていました。

 

 

 

また、夏に就活を経験した人は、よく分かりますが、
日本の夏は湿度も高く死ぬほど暑いです
少し歩くだけで、汗が出ます。

 

 

 

気温30度以上の真夏日に、上下スーツにネクタイ着用で歩き周れば、
すぐに首元や手首が汗が噴出してきます。
汗でベタベタしてとても気持ち悪いです。

 

 

 

電車の中は冷房が効いているので、スーツでもまだ大丈夫です。
ただ、一歩外に出ると熱風とじめじめが待っています。
転職活動は、メンタルの部分を消耗しますが、
夏場の転職活動は、肉体的にもかなり堪えます

 

 

 

 

また、職場で上着を持っているのも不自然なので、
隠しどころに困るというデメリットもありました。
世間はクールビズ真っ最中なのに、
上着を着て、ネクタイを締めていたら相当目立ちます。
そのため、紙袋(Tomorrow Land)に上着とネクタイを入れて、
転職先の近くのカフェで着替えるようにしていました。

 

 

 

涼しいし、イメトレも出来ます。
リラックスしてから面接に向かいました。
そして、会社に戻った後は、誰にも会わないように、
ロッカーにこっそりと隠して、仕事に向かいました。

 

 

 

今すぐにでも転職したい気持ちも分かりますが、
夏の転職活動は、本当に疲れます。
こうしたデメリットもあることを覚えておいた方が良いです。
狙うなら求人数も多く活動しやすい春採用が良い
と個人的に感じています。

 

 

 

>>>内勤者の転職活動のページに進む

 

 

>>>20代の転職方法のTOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
管理人のページ 自己分析の方法 職務経歴書の書き方 転職活動はこっそり行う 転職にかかる時間