転職活動は誰にも内緒で

転職活動はこっそりと誰にも内緒で

転職活動は秘密裡に行います。
いくら仲が良い同期や同僚がいたとしても、
社内の人間には、絶対話してはいけません!

 

 

 

人間の心理として「内緒の話」なんて言われると
余計に誰かに話したくなるものなんです。
話さないように気を付けていたとしても、
何かの拍子で話してしまう可能性が高いです。

 

 

この手の話は、酒の席などで漏れて周囲に広まりますので、
誰にも言ってはいけません!!
あくまでこっそりと内密にです。
家族以外は、すべて秘密にしましょう!

 

転職活動を内緒にする理由

極端な例えで言うならば、
転職活動は、社内の人間から見れば寝返り行為です。
前職を例にすると、低賃金スタンダード
という価値観の中でみんな過ごしています。

 

 

 

もしも「それはおかしい、間違っている!」と叫んだ場合、
間違いなく攻撃されます。
私はそんな勇気がなかったので、こっそり転職活動を始めました。

 

 

 

社内の大多数も現状の給与や待遇に不満はありますが、
そこに留まることを選択しています。
中には、そこから抜け出す人間を応援する人もいるかもしれません。

 

 

 

ただし、大多数は無関心か、出来ない理由を探してこう言ってきます。
「この不況で転職なんてリスクが高い」
「難しいから止めておいた方が良い」
と言うような無知の悪意で。
あなたのやる気を無くそうとする人が必ずいますので、
関わらない(誰にも話さない)方が良いでしょう。

 

 

 

そういう人たちとかかるのは、時間の無駄です。
そして、そういう方々と分かり合うことは、
残念ながら出来ないと思います。

 

 

 

私自身、2次面接を通過した時に、
自分が世間から認められたような感覚になっていました。
危うく転職活動していることを同期に言いそうになりましたが、
あと一歩の所で思い留まった経験があります。

 

 

ちょうどその頃に行われた部の飲み会で、
「どうした?最近なんか嬉しそうだな?」
と、先輩から尋ねられて(-_-;)ドキッ!とした記憶があります。

 

 

 

私は自分のことをPRするタイプではないのですが、
おそらく、普段よりも顔の筋肉が緩んでいたのかもしれません。
「危ない・・・・ここでバレたらすべてが無駄になってしまう
と思い、もう一度気持ちを引き締めました。

 

どうしても転職していることを相談したい場合

ただ、もう少しでこの現実から脱出できるかもしれない興奮を
誰かに話したい気持ちが日に日に強くなっていました。
そこで私が取った方法は、すでに辞めてしまった仲の良い同期に、
転職活動をしていることを話すことでした。
彼らは、2年目・3年目で転職して辞めて行きました。

 

 

 

彼らなら今の私の気持ちがよく分かると思ったので、
相談も兼ねて連絡を取っていました。
さすがに2人とも転職経験者だけあって、話がよく合いました。
また、準備しておく事や最終面接の注意点等を教えてくれました。
経験者の貴重な体験談を教えてもらいました。

 

 

 

 

転職活動は一人だと言いましたが、
あなたには転職エージェントが付いています。
プロの力を借りて、上手に転職を進めていきましょう。
社内に支援者はいませんが、プロがついています。
あなたには、最高のパートナーがついています。

 

 

 

転職活動を始めると決意したあなたは、
もうその価値観では満足出来ないはずです。
あなたがすべきことは、
自己分析⇒職務経歴書⇒自己PR⇒志望動機⇒応募⇒面接
といったステップを着実に進んでいくことです。

 

 

得意地域:関東、関西在住者
得意年代:20〜30代
特徴:利用者満足度96.4%
マイナビエージェントのHP

 

得意地域:関東在住者
得意年代:20代〜30代
特徴:71%が年収アップに成功
type.転職エージェントのHP

 

>>>転職活動におすすめの季節や時期のページに進む

 

>>>20代の転職方法のTOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
管理人のページ 自己分析の方法 職務経歴書の書き方 転職活動はこっそり行う 転職にかかる時間